「私たちのデートの頻度大丈夫?」学生のおすすめデートの頻度!

恋愛

こんにちは!こんばんは!ハムハム先生です!(プロフィールはこちら)

今回は、高校生や大学生のデートの頻度を解説していきお勧めの頻度も紹介していきたいと思います。

高校生のデート頻度

高校生では部活をやっている人もいればアルバイトをやっている人もいると思います。そして学校が同じ場合と同じではない場合でも少し差が出てくると思います。

高校生であれば平日は授業がきちんとあるし、たまに土曜日の授業がある人もいると思います。なので、1日時間を取れるのは土曜か日曜になってしまいます。ですが、部活をやっている方であれば土日どっちも練習があるし時間をとってあげれなかったりしてしまいます。アルバイトであれば事前に決めておけば調整ができると思いますが部活はそうはいきませんよね。

なので高校生のデートの頻度は

「週1か2週間に1度」

という形になってしまいます。

週1や2週間に1度だと寂しいからもっと遊びたいという方ににもおすすめの方法を教えたいと思います。

あまり会えない場合の対策

対策としておすすめのは放課後に一緒に帰ったり、土日の部活が午前中だけを狙ったりなどすることです。1日時間作らないと遊園地などはいけないと思いますが、他にもデートをする方法はいくらでもあります。その地域にもよりますが、事前にいきたいカフェやスイーツ店をリサーチして今日はこのお店に行きたいなど決めておくと半日でもいけるし、距離によっては学校終わりでもいけるのでそういった工夫も大事かもしれませんね。

1番おすすめは「おうちデート」ですね。もし彼氏が部活終わりだったらそのまま彼氏はシャワーを浴びれるし時間を1番有意義にできるので放課後おうちデートなどをすると週2や週3となれて2週間に1回といペースは免れることができるでしょう!

大学生のデート頻度

大学生では部活をやっている人よりアルバイトをやっている人が多かったり、部活ほどガチではなくサークルに入っている人も多いはずです。そして高校生との違いはカリキュラムによって時間が違うので午前中は授業だけど午後は早めに終わるとか、1日休みとかその日その日で違うので時間が作れる場合も多いと思います。高校生にはない強みとしてはやはり補導時間がない分夜も遊べるというところですかね。あまりお勧めはしませんがそういうこともできると一応言っておきます(笑)

なので大学生のデートの頻度は

「週1か週2程度」

が多いと思います。高校生よりやはり時間を作りやすいということでしょう!

高校生から大学生になって大学が別々で付き合っていると時間を作るのが大変で時間を作れる土日のどちらかに遊んでどちらかはアルバイトに使うケースが多いでしょうか。一緒の大学だと毎日会っていたりするのでデートというデートは少ないかもですが会うことで満足してしまって週1くらいがちゃんとしたデートになるケースが多いと思います。

あまり会えない場合の対策

大学生でもやはり会えないカップルは多いと思いので対策のおすすめとしてはやはり高校生と同じになってしまうのですが「お家デート」をおすすめします。

大学生になるとお泊まりの許可が出ることも多いのでお家デートをしておくことで彼氏・彼女の家に止まることができてより多くの時間を共有できるのでお家デートはかなり対策になると思います。

デートの頻度はどれくらいがお勧め?

みんなの平均は分かったけど結局頻度はどれくらいお勧めなの?ということです。

頻度のお勧めは

自分たちが無理をせずに不安にならないペース

です。結局はここなんですよね。

「週3がお勧めです。」とか言って無理に会っているとお互いがいい気分で余裕を持って遊べないのでダメになってしまいます。遠距離の場合もそうです!月に何度かだと思いますが、3回とか決めたら交通費がバカになりませんよね。そういうところで無理が出てしまうのでやめましょう!

それでも目安が欲しいという方には

「週1程度」

をお勧めします。遠距離の場合はその距離で話し合いましょう!

これらを達成するために互いにスケジュール管理をすることをお勧めします。

スケジュール管理をすることでこの日は会えるや予定が互いにわかるので先の予定でも立てやすくなるのでスケジュールの管理はやっておきましょう!

最後に

デートの頻度はやはり無理をしないのが1番です!互いに相談して無理のないようにするのです!時間が作れないのであればおうちデートなら作れる場合もあるので検討してみてはいかがですか?

他にも恋愛に関する知ると得する記事を投稿しているのでぜひチェックしてみてください!

恋愛

恋愛
スポンサーリンク
ハムハム先生をフォローする
TM.blog~T(た)M(め)になれると思うblog~
タイトルとURLをコピーしました