好きな人にlineを早く送ると嫌われる?適切な返信時間の開け方!

恋愛

こんにちは!こんばんは!ハムハム先生です!(プロフィールはこちら)

今回は、好きな人にlineを送る際の返信時間の開け方について解説していきたいと思います。

好きな人だとついつい返信を早めてしまう方も多くいはずです。それは危険かも??

返信が早いと損をする?

好きな人の返信が早い人や元々早い人はたくさんいると思うが返信が早いと損をしてしまう場合がある。

1.相手が疲れる

まずダメな所は相手が疲れてしまうということです。

返信が早いとその分キャッチボールのスピードが早くて相手は疲れてしまいます。マラソンをダッシュで走るのと、のんびり走るのに似ているのでそのようにイメージしてください。

会話は急ぐものではありません。のんびりするから「この人と話してると気が楽だな」と感じるので早いのはやめましょう。

対処法として電話するのもありだと思います。

2.会話が途切れる

返信が早いと会話が途切れがちになってしまいます

もし遅くのんびりと返信をしているのであれば、しっかり返信内容を考えて会話を終わらせないようにいくらでも工夫ができるのですが、早いと相手に早く返信しないといけないという焦りが生じてしまい内容がすっからかんの会話が続いてしまいます。

ということは相手は話していてつまらないし、返信が早くてプレッシャーに感じてしまうので会話を終わらせる方向に持っていくので会話が途切れてしまうのです。

3.長続きしない

長続きしないのはもうここまで読んでいたら少し感づいているのでしょう

相手が飽きることや会話が途切れるというところが原因でです。

もし会話が終わっても後日にまた話しかける鋼のメンタルの人もいるでしょうがその場合はもっと続かないし相手は嫌悪感を抱いてしまうのです。すごく悪い言い方をすると自分の周りにグルグル回ってる蜂がいるとなると嫌になるしなんなら腹が立ちますよね?そのような感じなのです。

長続きをさせたいなら返信は遅らせましょう。

4.未読/既読無視されやすい

未読無視や既読無視をされがちになってしまいます。

正直ここまで相手にさせたらもうだるがられたか、飽きられたと思った方がいいでしょう。

既読無視をされてもう一回送って相手が返信そびれている場合であればなんとかまだ復帰できますが、何度もされたのであればもう終了のお知らせですね。

返信が早いといいことも?

返信が早いといいこともあります。というより簡単にいうと返信の速度は使いようによって分けることによって好きな人とのチャンスを作ることができます。

1.遊びに誘える/誘ってもらえる

遊びに誘ってもらえた場合に返信が遅いと相手は遊びに誘ったことに後悔してしまったり嫌がられていると思ってしまいます。

返信が早いことによって相手の気が変わる前にデートすることができます。

逆に自分から誘う場合でも返信が早ければ相手がすぐにデートの誘いを見ることができて考えさせる時間を減らすことができます。なのでこの場合だと早い方がいいのです。

2.電話をするきっかけ作り

返信が早いと電話をするきっかけにもなるんですよね。返信が早いと疲れてしまうし、どうせほぼリアルタイムで話すなら電話でよくない?となります。

男子
男子

返信はやいね!暇なの?w

女子
女子

暇なんだよ~。

男子
男子

どうせ喋るなら電話しよーぜー!

この流れを作ることができますね。相手に「暇なんだよ~!」と言わせたら勝ちです!これを言わせたら電話をすることができるので最強ですね。

結論:適切な返信時間の開け方

結論として返信時間の間隔は15分〜30分ですね。

これは自分に時間がある場合の話で忙しい場合でも15分〜30分なのかと言われるとそうではありません

忙しい時はできる時に返信すればいいので4時間でも5時間でも開けて構いません。無理のない返信が1番なのです!

そして使い分けです。

今日は相手が暇そうだなとか事前に「今日は何する日なの?」とかを話しかけることによって相手の時間を知り、その時間は返信を早めて電話に持ち込んだりデートの誘いをその時間にしたりしましょう!使い方を分けることによって相手に無理のない返信が可能になりノンストレスになります!ぜひ実践してみてください!

最後に

結論に全てまとめましたが、返信時間1つでチャンスを逃してしまう場合があります。相手とたくさん話したいのはわかりますがその場合なら電話をしたりして相手に負担を減らしてあげましょう!焦る人のところに人はよってこないので余裕を持ちましょう

他にも恋愛に関する知ると得する投稿があるのでぜひチェックしてみてください!

恋愛

恋愛
スポンサーリンク
ハムハム先生をフォローする
TM.blog~T(た)M(め)になれると思うblog~
タイトルとURLをコピーしました